「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園

[ CREATORS ] NOTES   2014.2.10

にっぽんのどうぶつえん



プロローグ


わたしは動物がスキ。どれくらいスキかと言うと、
撮影の仕事中に中断してまで横切る野良猫を撮り出す始末…
クライアントさんやスタッフさんたちはあきらめモードなのか、
温かい目で見守っているのか怖くて聞けないでいる。

そんなわたしの夢は、全国にある動物園を巡ることである。
ニャ男とワン子もスキだけれど、動物園にいる動物たちがとてもスキ。
様々な動物のキャラクターたちや、園内の特徴などを紹介したいという
熱い想いを担当編集さんに告白してみると、大変有り難いことに連載ページを作ってくれた。
なるべく個人的な暑苦しい想いを省き、たまにクスリと笑えて、
15時のおやつのお茶うけになるような、そんなほんわか写真とエッセイをお届けしたいと思います。




第1話
街の真ん中にある、はんなり京都市動物園




「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


日本で2番目に古い京都市動物園では、園内に入るとすぐ大きな雄叫びが聞こえてくる。
ここには子供があまり好きじゃないライオンのナイルくんがいる。
園内は平日でも園児たちの遠足などでにぎわっていて、
どうやら園児たちのきゃーきゃー言う声がお好きではないようだ。
「うるさいな~…」といつも寝ている場所から降りて、窓際まで近づいてくる。


「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


園児たちは大喜び。
窓越しで割と長い時間見ていられるので、
この時間はシャッターチャンスなのに、園児たちに阻まれることが多い。
中でもそんなやりとりを遠巻きに撮影していると、男児からナンパされることがある。
「何撮ってるのー」
「ライオン撮ってるのー」
「ぼくも撮って!」
「ギャラ高いよー」
「ギャラって何!?」
「あのね…」と、現実をこっそり教えたりもしている。


「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


ナイルと仲良く一緒に暮らすクリスはいつもクールな雰囲気。
ガルガル吠えているナイルの横で、園児たちの歓声など聞かずにのんびり寝ていることが多い。


「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


ここの”もうじゅうワールド”エリアには他にお年寄りのジャガーのグランデさんや、ツシマヤマネコがいる。
グランデさんのキラキラしたビー玉のような目にはいつも吸い込まれそうになる。
なんでもお見通しされているような感覚になる。


「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


そしてさらに奥には、アムールトラが3頭いる。
ここの設営は特徴的で、3頭の頭上にそれぞれ1頭が通れるくらいの”空中通路”というトンネルがあるので、
タイミングがよければ、空中を行き交うトラを見られる。


「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera

「にっぽんのどうぶつえん」第1話 京都市動物園 © yuricamera


わたしはアオイちゃんが、好き。
いつも思うのは長い時間目が合っていると、好きになってしまうみたい。
ちなみにニンゲン界でも、目がよく合う人にうっかり惚れてしまうことが多いが、
一目惚れは失敗することも多いと学習済みである。




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』