「ことばサーカス」VOL.2 ことばに潜むことば

[ CREATORS ] NOTES   2013.5.17

わかったことがわかった、そんな夜



にほん語、特に「かな」で構成されたことばを見ていると、
時々、二歩はこんなことに出くわすことがあります。

それは、ことばの中にことばを発見してしまうことです。

どういうことでしょうか?

さっそく、今回の「ことばサーカス」をご覧ください。



こわかった (1)




こわかった (2)




こわかった (3)



ピエロは、「こわかった」けど「わかって安心した」体験を、
「こ」の一文字を隠すことで見事に表現してくれています。


にほん語は同音語が多いと言われていますが、そればかりではなく
ことばの形がほんのちょっと異なるだけで、全然ちがう意味になったりします。

見間違えや、なんとなくそう見えてしまう偶然の発見で
ことばのエッセンスがとても豊かなものなんだとわかります。


ことばってなんだろう、という純粋な目に立ち返って捉えてみたい。
ふと気になることばの不思議に少しでも近づきたい。

「ことばサーカス」は、そんな思いのもとに、
日々新たな演目に挑戦中です。





【 Profile 】

二歩
西村祐貴と星功基による文字とことばのデザインユニット。
http://www.unit-niho.com


西村祐貴 / Yuuki Nishimura
ことばにまつわる表現活動を行う。
デザイナーとアーティストのグループ「kite」に所属。
2012年 第22回紙わざ大賞入選。
2012年 Asia Digital Art Award 2012 エンターテインメント部門入賞。
URL:http://www.nishimurayuuki.com

星功基 / Koki Hoshi
2007年 慶応義塾大学環境情報学部卒(佐藤雅彦研究室所属)
2012年 秋より個人表現活動をはじめる。
著書:
「はんとうめいのほん」(2012)
「もじ」「moji」(2013)




© NiHo




『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』
まるさんかくぞう
『オーレ・エクセル イン モーション』
『ハーブ&ドロシー』
『木のうた』
『きりのなかのサーカス』
『ママのスカート』
『かさ 』
『ブルックリン・ネイバーフッド』
『Casa BRUTUS 2013年 12月号』
『ファンタジア』